省エネ・コスト削減事業

コスト削減事業の展開の経緯

リーマンショックや東日本大震災以降、企業の省エネやコストダウンに対する意識・取り組みが活発になりました。そのような流れの中で、弊社ではお客様にコストダウンのご提案をさせていただくようになりました。
当初はLED蛍光管のご提案だけでしたが、高天井用のLED、ダウンライトや街路灯のLEDなどラインナップも増え、現在ではLED照明全般を取り扱わさせていただいております。
また今ではLED化によるコストダウンのご提案だけはなく、新電力業者への切替提案、エアコンのフロンガスをノンフロンに切り替えることによる電気削減のご提案等、幅広くコスト削減事業を展開しております。コストダウンをお考えの方は、ぜひ弊社までお気軽にお問い合わせください。最適なご提案をご用意いたします。

オフィス・工場などのLED蛍光灯化

水銀灯や蛍光灯からLEDに変更する事で、電気使用量の約6割をカットすることが可能です。
また、LED電灯は水銀灯・蛍光灯に比べて明るさも優れ、建物内の光量確保にも一役買ってくれます。
耐久性にも優れ、長寿命であることも、大きなメリットのひとつです。
特に大規模な工場や施設などでは、LED化は非常に効果的なコストカットとなります。

LEDへの交換に適している場所・適さない場所

適している場所

24時間365日の電気を点灯しているよう場所は、電気代の削減が大きいためLEDへの交換に適しています。
交換費用の早期回収も可能ですので、弊社でも交換をお勧めしております。

適さない場所

電気の点灯時間が4時間以内のところにLED交換はお勧めできません。
弊社は「取り替えても利益が出ない・効果が出ない場所」にご提案はいたしません。

led

シミュレーション、お見積りを承っております

直近12ヶ月分の中部電力の請求書をご提示いただければ、耐用年数・価格・保証・実践値などを含めたシュミレーションをいたします。
2年を目安にコスト回収できるシミュレーションや、将来的に電気代が値上げされた場合のシミュレーションも致します。
また、お見積りも承っておりますので、お気軽にお問合せください。

工事不要・高品質のLED蛍光灯

内田洋行と共同開発したLED蛍光灯をご提案いたします。
蛍光灯の交換のみの工事不要で導入が可能で、オフィスビルに最適です。

中間マージンをカットして低価格でご提供

電材卸業者にも納品している高品質のLED蛍光灯です。直接購入・大量発注による低価格でのご提供を実現しています。

price

主要取扱商品

・LED蛍光管(20W型・40W型・110W型)
・高天井用水銀灯代替LED
・その他LED照明(ダウンライト・街路灯 等)
・Hf蛍光管専用工事不要型LED蛍光管
・FPL/FHP代替 蛍光灯型LED
・各種照明器具

デモ機の貸し出しも承っております

導入をご検討いただいているお客様にデモ機の貸し出しも承っております。
まずはお試しいただき、その効果を実感してください。

社員に頼らず社長の決断で、御社の利益アップが得られます

実質の負担が6割ご提案も可能です。
水銀灯はなくなるといわれており、建物がLEDに対応していないと、将来的にコスト増となる可能性があります。

LED導入までの大まかな流れ

flow

浜島防災システムの主なLED施工実績

オフィス 病院 コンビニ 倉庫
商業施設 大学 高等学校 工場
各種官公庁自治体 金融機関各種 各種官公庁自治体 金融機関各種

LED施工の模様

※写真をクリックすると拡大します。

sekou1

40Wの蛍光管からLEDに変更

sekou2

LEDへの交換作業

sekou3

LED交換後の様子

浜島防災システムでは導入にあたってのコスト試算を無料で承っております。
導入をご検討の方は、ぜひお気軽にご相談下さい。

新電力事業

電力会社の選定・切替による電気料金削減のご提案

~事業者様に一切のリスクやデメリットを与えることなく、最大限のコスト削減のメリットを御提供いたします~

top

直近12ヶ月分の中部電力請求書のコピーをご提示いただければ、御社に最適な御提案書をお送りいたします。
※現在お問い合わせ多数の為3週間お時間を頂きます。

浜島防災システムでは新電力導入にあたってのコスト試算を無料で承っております。
導入をご検討の方は、ぜひお気軽にご相談下さい。

電力会社を選べる時代に

電気事業法の改正により、2000年から段階的に電力の⾃由化が⾏われています。
特定規模電気事業(新電力・PPS事業)

新電力・PPSに切替えることで基本料金単価が下がります。

基本料金単価が下がることで、月間○○%、年間で○○%の電気料金のコストダウンが図れます。

設備投資など、⼀切のご費⽤負担がありません

既存の電力会社から、PPS事業者に契約を切替えるだけですので、機器交換などが発生せず、設備投資など、⼀切のご費⽤負担がありません。

お申し込みからご契約・供給開始まで

①ご契約締結 株式会社F-Powerと電力供給契約を締結していただきます。
※契約書は原則ご郵送となります。
②接続申込 接続供給契約申込
※㈱F-Powerが実施いたします。
③契約解約届 電力会社との契約解約届
※お客様で実施お願いいたします。
④電力供給の開始 供給月1日から電力供給を開始いたします。

新電力事業 Q&A

電力は安定的に供給されるのか?
●万が一、新電力・PPS事業者が供給契約する発電所が事故等で停⽌し、供給量に不⾜が生じた場合には、エリア電力会社からの⾃動供給電力が供給されるため、現状と変わることはありません。
●停電リスクについては現状と変わりません。
電力会社が料金改定を行なった場合にはどうなるのか?
●電力会社の料⾦改定に合わせて料⾦の見直しをさせていただくことを原則的な考え⽅としております。
●値上げ、値下げ両⽅の可能性がありますが、常に需要家様にメリットのある価格にて電力をご提供できるように努めて参ります。
契約の内容はどのようなものか?
●原則として現状電力会社との契約内容を踏襲する形となります。大きく相違することはございません。
燃料費調整制度はどうなるのか?
●原則としてエリア電力会社の燃料調整額を適用させて頂きます。
自家発補給契約はどうなるのか?
●現状と変わることはありません。
現在の電力会社から切り替えた場合に停電復旧などの遅れはないか?
●独占禁⽌法に該当する可能性がありますので、電力会社は意図的にPPS需要家の対応を遅らせることはありません。
●復旧順位等については現状と変わりません。
契約期間は?
●PPS事業者との契約は原則として1年間です。契約期間満了後は電力会社との契約に戻すことも可能です。

エアコンガスのノンフロン化によるコスト削減事業

エアコンのフロンガスを次世代の「ノンフロンガス」に交換することで電力コスト削減が可能です。

ノンフロンガス化による5大メリット

1.消費電力を25~35%削減
2.温室効果ゼロで環境保護に貢献
3.改正フロン法適用外となるため、エアコン機器点検コストの削減
4.機器の静音化に伴う長寿命化
5.既存設備への導入が可能なため、設備投資が不要

電力削減の仕組み

空調機器に関わる消費電力の約8割は「圧縮機」が消費しています。
フロンガスからノンフロンガスへの入れ替えにより熱交換効率がアップし、効率よく冷暖房効果を発揮するため、電力の大幅削減が可能です。また、地球温暖化の原因となっている温室効果ガスを発生させるフロンガスは、今後国際的な規定で廃止されることが予定されています。
ノンフロンガスは温室効果ガスをほとんど発生させないので、コスト削減だけでなく、地球環境にも優しい、優れた次世代ガスとなっています。

ノンフロンガス化に関するよくあるご質問

・冷房・暖房の両方に効果がありますか。
どちらにも効果があります。

・ガスを交換すると、どのくらいの期間使用できますか。
密閉された状態でのガスの劣化はありません。機器や配管の故障で漏えいがない限り、ガスが減ることはありません。

・施工時間はどのくらいかかりますか。
室外機1基あたり3~4時間で交換が可能です。

・コストの試算は出来ますか
「新冷媒(ノンフロン)ガスの注入量」×「ガス単価」+
「現在のガス量」×「ガス抜き工事単価(破壊処理含む)」
で試算することが出来ます。

ご要望のお客様には、お見積書と削減電力費用想定をご提出いたします。

・なぜ定期点検が不要になるのですか。
2015年4月1日に施工されたフロン排出抑制法(改正フロン法)により、定格出力7.5kw以上の業務用空調機器の所有者は、機器を使用・管理していく上で、年度ごとに空調機器から漏れ出たフロンガスの量を報告することが定められました。

点検対象機器の点検内容と点検頻度

対象 点検内容 頻度
全ての機器 簡易点検 四半期に1回
7.5kw~50kw以内の機器 専門家が定期点検 3年の1回以上
50kw以上の機器 専門家が定期点検 1年に1回以上

フロンガスを使用した空調機器を使用していると、上記のような定期的な点検が必要となります。しかし、ノンフロンガスに入れ変えることで、入れ替えた機器は改正フロン法の適用外となるため、コストの掛かる点検が不要になります。

詳細をご希望の方は、お電話または下記問い合わせフォームより「ノンフロンについて」とご連絡ください。