泡消火設備

泡消火設備とは水による消火に適さない油火災等の消火を目的としたもので、危険物取扱所や製造所、貯蔵所、駐車場などに設置されます。水と消火薬剤を混合した水溶液を専用ヘッドから泡にして放出することで冷却効果消火を行います。同時に、燃焼面や油膜等を覆い空気を遮断するため窒息効果があります。

※泡のはたらき(機能)

  • 燃焼面の被覆による窒息効果
  • 可燃性蒸気の蒸発抑制効果
  • 燃料表面と炎との遮断効果
  • 燃焼物自体と防護対象物の冷却効果

泡の作り方

泡消火設備は水と泡消火薬剤を規定の一定比率で混合した水溶液に空気を吸収させて形成します。泡の形成方法は水溶液を専用のヘッドから空気とともに噴出します。

泡の倍率

※発泡倍率…泡水溶液と生成された泡の体積比のこと

発泡倍率 特徴
低発泡 20以下 流動性に優れているという特徴があり、主に可燃性液体の流出火災やタンク火災の消火に用いられます。
中発泡 20以上80未満 中発泡と高発泡の泡は防護対象の表面を一気に被覆する、あるいは防護対象の空間を埋め尽くす特徴があり、消火や火災抑制するために用いられます。
高発泡 80以上1000未満

泡消火薬剤の技術上の規格を定める省令について

泡消火設備の種類

固定式

  • 固定泡放出口
    固定泡放出口は、主として石油など可燃性液体物を貯蔵するタンクの上部に設置されます。全機器を固定して設置する設備で、大型設備への設置に適しています。放出方式には、火災時に貯蔵タンクの側板頂部より液表面に対して泡を放出して消火する方法(上部泡注入法)と、貯蔵タンクの底部より泡を注入し、液層内を浮上させて液表面を覆う底部泡注入法(SSI方式)があります。
  • 泡モニター
    屋外危険物貯蔵タンクの注入口付近、岸壁や桟橋などに設置されます。ノズルの射程を利用し、遠方から大量の泡を放出し船舶や海上などに流出炎上した油などの可燃性液体物火災やタンク火災に用いられます。
  • 固定泡ヘッド
    屋内駐車場やタンク・ポンプなどの機器類上部や周囲に設置され、危険物屋内貯蔵所、危険物屋内作業所などの消火に用いられます。火災時にヘッドから泡が放出されます。

移動式

  • 泡消火栓(泡ノズル)
    火災状況により、固定された接続口にホースを接続し、ホースノズルを移動して手動使用できる方式。ホースの接続口は、半径15mの円で覆うことが出来るように配置します。

泡の放出口

  • 低発泡放出口
    低発泡の泡ヘッドは、泡ヘッド部分の空気口から大量の空気を取り込み泡水溶液をヘッドから噴出させます。主な設置場所は駐車場や危険物の貯蔵庫、可燃性の液体貯蔵設備、飛行機の荷物置場やエンジンルームなど。固定式泡消火設備の他、ノズルを操作して消火活動を行う移動式のタイプもある。
  • 中発泡放出口
    中発泡ヘッドは、低発泡と高発泡のちょうど中間の用途で使用され、泡の厚みを保持し床面などの消火に用いられます。可燃性液体物を扱う施設では移動式のノズル操作で消火泡の放出を行うタイプと、固定式の消火設備が利用されています。
  • 高発泡放出口
    高発泡の泡ヘッドは主に大型の可燃性液体物を扱う施設や設備などに設置されています。危険性の高い大型の可燃性液体物や危険物を取り扱う囲われた施設等で発生する火災に対し、複数の放出口から大量の泡を一気に放出し建築物や対象設備を泡で埋め尽くし酸素濃度を低下させることで火災の拡大を防止し泡水溶液に含まれる水で同時に冷却作用をもたらします。

※泡消火薬剤の種類

成分 泡の特徴
たん白泡消火薬剤 加水分解たん白質に、安定剤、保存材などを添加した薬剤 石油系可燃性液体火災に対し広く用いられ、生成される泡は粘性に富み、耐火性と再着火防止能力に優れています
フッ化たん白泡消火薬剤 たん白泡消火薬剤にフッ素系の界面活性剤を添加してたん白泡消火薬剤の特性をさらに改良した薬剤です 泡は石油系可燃性液体による汚染に強く、タンク底部からの泡注入やモニターノズルなどからの直接泡放射にも優れた消火能力を発揮します。
動物性たん白質を加水分解して形成。他の消火薬剤(合成界面活性剤、水成膜泡消火薬剤など)に比べ耐火性に優れ、ガソリン等の液を素早く被覆消火するので、タンク固定消火設備用に使用されます。
水成膜泡消火薬剤 基剤はフッ素系界面活性剤 泡は粘性が低く流動性と展開性に優れ、対象物を速やかに被覆し、初期消火に効果的です。泡が水溶液に還元して可燃性液体の表面に形成されるフィルムは、液体の蒸発抑制と再着火の防止に効果があります。フッ素系の界面活性剤を基剤とする泡消火薬剤で、油面上に水成膜を生成します。安定性が高く長時間にわたって再着火を防止します。
水溶性溶剤用泡消火薬剤
(高分子ゲル泡生成型)
フッ素系の合成界面活性剤と水溶性高分子を組み合わせた薬剤 泡を急速に溶解する特性を有する可燃性液体類に対して使用されます。フッ素系界面活性剤の撥液性と高分子ゲルの相乗効果が泡の溶解を抑制し、水溶性液体火災に優れた消火性能を発揮します。石油系可燃性液体に対しても優れた消火性能を有します。
合成界面活性剤泡消火薬剤 基材は合成界面活性剤 発泡性、保水性、対象物への浸潤性に優れています。用いる発泡器により低膨張から高膨張の泡を作る事ができます。界面活性剤が原料で、長期間保存しても経年変化が少なく、その発泡効果は変わりません流動性および展開性に優れているので流出油火災、自動車修理、整備工場、駐車場、危険物倉庫等の消火に適しています。

※泡消火薬剤混合システム

  • エダクター泡消火剤を吸引します
  • プレッシャープロポーショナー(ダイアフラム式)泡消火薬剤混合システムの中ではもっとも一般的で、低濃度型とよばれる泡消火薬剤の混合にも適しています。
  • プレッシャーサイドプロポーショナー大量の消火薬剤原液を貯蔵する必要のある駐車場などで用いられ、原液タンクを加圧する必要の無い方式です。